ルーシッド職務経歴書の書き方

転職や中途採用求人に使えるルーシッド職務経歴書の書き方を具体的な事例をもってご紹介します。

ルーシッド職務経歴書サービスによる、職務経歴書の書き方ガイド

職務経歴書に書くことがない

f:id:nholduse:20190818220412j:plain

Q. 職務経歴書に書くことが見つかりません

職務経歴書に書く内容をなかなか思いつきません。埋めるにはどうしたらいいですか。

A. 経歴を見直すと書くことが見つかる

空白が目立つ書類は、一見しただけで能力、意欲共に不足している印象を与えかねません。 書くことが見つからないと感じる場合は、まずはこれまでの経歴を見なおしてみましょう。 勤務時の日々の細かい業務の内容などを具体的に書き加えていけばボリュームを出すことが出来ますし、新たに書くことが見つかるかもしれません。

例えば「○○書店でアルバイト」という一行から、レジ対応、接客、商品の陳列、在庫管理などの経験、というように業務内容を書き出すことができます。 具体的に表すことで、客観的に見えてくることもあるかもしれません。それらの経験の中で、希望職種に関連する項目――この場合は営業職を希望する場合は接客であるとか、事務職の場合は在庫管理やPCスキルなど――があれば、その部分の業務をさらに具体的にどのように行っていたかを、思い出して書いてみましょう。

書き出し例

○○書店でアルバイト勤務

  • レジ対応 →担当時にミスが少ないと言われ、正社員の不在時には重要なレジ締め業務を任せてもらえるようになった。【責任感の強さや、仕事の正確性、上司からの信頼をアピールできるエピソードとしてさらに詳しく】
  • 接客 →お客様の問い合わせに応えられるよう、担当分野だった雑誌コーナーでは新刊の発売日をすべて暗記した。売り場で扱っていない雑誌に関しても情報を仕入れていたため、お客様の要望を理解し、注文を受けることができた。【仕事に対する前向きな姿勢をアピールできるエピソードとしてさらに詳しく】
  • 書籍の陳列 →「雨の登場する小説」「山に行きたくなる本」など、月毎にテーマを決めたコーナーを担当 →売り上げに貢献したと店長からほめていただいた。【企画力をアピールできるエピソードとしてさらに詳しく】
職歴が浅い場合

もしも職歴が浅かったり、見える形での実績があまりない場合は、あなたの人柄や仕事に対する前向きな姿勢を伝えてみましょう。

これまでの仕事に対する取り組み方を文章にしてみたり、勤務した会社やアルバイト時のエピソードを糸口に探してみましょう。 「周りの人は大変そうにしていたけれど、自分は苦にならなかった業務」や「苦労はしたものの、大きな充実感を味わえた業務」はありませんでしたか。 他にも、「上司やお客さまから褒められたこと」、「楽しいと感じたこと」や「人から評価されたこと」を軸に、希望職種につながる内容のものを選び出して添えるといいでしょう。

また記入内容だけでなく、併せて書類のレイアウトから紙面を上手に埋める工夫をしてみれば、空白は目立たなくすることができます。

リストラで人生は否定されない。「会社都合により退職」でしかない。

f:id:nholduse:20190806113013j:plain

Q. リストラに合い、転職することになりました

リストラされてしまい、仕方なく転職先を探しています。 新しい会社でもまたリストラされるのではないか、それ以前に採用されないのではないかと考えると不安でいっぱいで、どう書類をまとめていいのかわかりません。

A. あなたの経験や実績は宝

リストラや倒産など、会社の都合で転職を余儀なくされれば、誰でも自信ややる気を失い、将来への不安でいっぱいになるでしょう。 しかし、転職活動を始めたからには落ち込んでばかりはいられません。 これまで築き上げてきた経験や実績を必要としてくれる会社と出会い、その会社に採用してもらうためには、「リストラに合い退職せざるをえなかった自分」へのこだわりは捨て、「自分がこれまでにわたって積み上げてきた経験や実績」を客観的に分析し、「今の自分が貢献できること」をポジティブにアピールしなくてはなりません。

「前職と同じ」ことにこだわらず、また「雇ってくれるならどこでもいい」といった卑屈な姿勢はやめて、いっそ開き直って「前の会社に勤め続けていてはできなかったこと」を探しチャレンジするくらいの気持ちでのぞめば、新しい視野が開けるかもしれません。

経験や実績のリストアップ

まずは、これまでの経歴と、実績を改めて書き出してみましょう。 勤続年数が長いことは、新しい職場でもまた長く勤務してくれるに違いない、と採用側は期待します。 しかし、職務経歴が単調な内容だと、実務能力や熱意に乏しいのではないかと疑われてしまうことになりかねません。 時系列にこだわらず、自分がこれまでにやってきたことをアピールできる形に編集していきましょう。

もし幸いにも書くことがありすぎる場合は、すべてをそのまま羅列してしまっては、膨大で読みにくい資料と同じことになってしまいます。 希望職種とマッチする実績やスキルをピックアップして、それらを中心に見やすく編集しましょう。

一方で、同じ仕事に長くついていたために特筆すべき内容が見当たらず、行が埋まらないと頭を悩ませることもあるかもしれません。 実績や受賞歴、社内研修などはもちろん、手がけた仕事や日常の業務も振り返って、まずは細かくリストアップし、応募企業につながる点をチェックしてみましょう。 自己PR欄を利用して、自分がこれまで仕事に対してどのように向き合ってきたかをアピールすることも大切です。

退職理由について触れる際、リストラや倒産で退職する場合は簡潔に「会社都合により退職」と記入します。 自らを過小評価する必要はありませんし、リストラの対象となってしまったことを言い訳する必要もありません。 しかし、「退職を奨励されたため」といった書き方は印象を悪くしかねないので避けた方がいいでしょう。

職務経歴の浅い若者が転職するために抑えておきたい採用側の目線

f:id:nholduse:20190731112613j:plain

Q. 経歴が浅いことが気になります

大学卒業後、事務職で働いているのですが、もともとの希望だった販売職へのあこがれを捨てきれず、転職を考えています。

まだ勤め始めて1年と少しなので、根気がない人間だと思われないでしょうか。 職務経歴書に書くこともあまりなく、どうアピールしていいのか不安です。

A. 向上心があるマナーを弁えた若者は嫌われない

確かに、社会に出て1-2年の転職では、またすぐに転職してしまうのではないかという不安を採用側に植え付けてしまいかねません。

いい加減な人間ではないということを印象付けるために、「自己PR」や「志望動機」はフル活用して転職の動機を明確にし、今後長く働きたいという意欲をアピールしましょう。 前職が自分に合わなかった、といったネガティブな表現は控えたほうが賢明です。 前職を経験した中で、本当にやりたい職種が見つかった、など前向きな言葉でつづり、今後どのように働いていきたいか、といった将来目標についても触れておくといいでしょう。

実績や実務経験が少ないことは採用側も理解していることですが、それに甘えず、スキルアップに向けて勉強している姿勢を見せましょう。 新人研修も社会人としての立派なスキルです。 前職で経験したことや勉強したことは、短期間であっても十分評価されることなので、なるべく丁寧に具体的に記しましょう。

希望職種にマッチした業務内容などがあれば、そこは目立つようにアピールしましょう。 その他の項目も、箇条書きを用いて見やすくまとめれば、紙面の空白を目立たなくすることができます。

また、書類の作成はどんな人でも丁寧にするべきですが、経歴が浅いことで社会人としてのマナーが身についていない、と思われることは避けなければなりません。文章中の敬語の使い方などにも気を配りましょう。