ルーシッド職務経歴書の書き方

転職や中途採用求人に使えるルーシッド職務経歴書の書き方を具体的な事例をもってご紹介します。

ルーシッド職務経歴書サービスによる、職務経歴書の書き方ガイド

履歴書と職務経歴書の違い - 仲間として受け入れやすいか、仕事で活躍してくれるか

f:id:nholduse:20190626132628j:plain

履歴書

履歴書とは、応募者の略歴を記した書類です。氏名や住所、年齢、学歴や職歴といった基本的なプロフィールから、応募者がどんな人物であるかを読み取り、また採用基準に達しているかをチェックされます。

  • 募集要項に記載した年齢に合っているか
  • 通勤可能な居住地か
  • 学歴や職歴に応募先との関連性があるか
  • 転職の回数や動機

など

職務経歴書

職務経歴書は応募者がこれまで携わってきた職務内容や、自己PRを記載します。その応募者を採用した場合、企業にとってどのような戦力になりうるかをチェックされます。 求める実務能力があるか、仕事への意欲は見られるか。転職の動機は納得のいくものか。なるべく具体的に、企業のニーズに沿うように仕上げる必要があります。

  • 携わってきた職務内容はなにか
  • 採用後にどう活躍するのか

面接前の選別

書類だけですべてを判断することはできませんが、企業の求める人材か否か、まずは書類だけで判断されてしまうのも事実です。

履歴書ならば、字が雑であったり、空欄が目立つ書類はそれだけで悪印象となってしまいます。 職務経歴書ならば、企業の求める人物像から大きく外れてしまうアピールをすれば、面接の機会を失ってしまうでしょう。

いずれにしても、書類を見て採用担当者に興味を持ってもらえるよう、最大限の配慮が必要です。

履歴書と職務経歴書は、読まれる前に選別される

f:id:nholduse:20190623194122j:plain

応募書類の作成に取りかかる前に、まず押さえておいてほしいことがあります。

それは、応募書類はすべて、あなたから会社へ宛てた正式な文書であるということです。

当たり前のことのようですが、書類の取り扱いひとつで、信用にかかわるのがビジネスの常。 あなたの仕事ぶりは、採用担当者が封書を受け取ったところから試されていると考えましょう。 応募者の多い企業ではなおさら、他の応募者と比べられるものです。採用担当者に少しでもよい印象を与えるよう、気を配りましょう。

手書きの履歴書の場合は、たとえ何枚も作成することになったとしても、1枚1枚を丁寧に書きましょう。

雑な文字、省略された情報は、あなたの仕事ぶりを疑われるか、何枚も履歴書を書き続け、書き疲れているのではないかと相手を疑わせます。

応募書類は、大切な契約書や役所に提出する書類と同じように考えましょう。

  • 住所は都道府県名から、丁目、番地、マンション名まで略さずに書きましょう。
  • 学校名、勤務先名も正式名称を記入しましょう。
  • 入学、卒業年度や就職期間に間違いがないか確認しましょう。
  • 誤字、脱字がないか見直しましょう。
  • 間違いがあった場合は、修正液や修正テープを使用せず、二本線で取り消し、訂正印を押すようにしましょう。

書類を汚さないように気をつけましょう。

もし折り目やシミのついた履歴書を提出すれば、あなたが会社の書類をどのように扱うか、簡単に想像されてしまうでしょう。 まして、転職書類を複数の応募先で使いまわしているのではないかと疑われてしまったら、その会社との縁は期待できなくなってしまうでしょう。

志望動機は、応募先によって変えましょう

履歴書などに記載する志望動機は、その応募先にのみふさわしい内容を記載しましょう。

どの会社・組織にも通用するような志望動機では、求人元の書類選考を通過することは困難です。

また希望の職種や業種全般に通用する志望動機よりも、更に踏み込み、自身の経歴をその応募先でこそ発揮できる理由を記入できれば、選考者はあなたに興味を持ち、会うこと(面接)を考えはじめます。