ルーシッド職務経歴書の書き方

転職や中途採用求人に使えるルーシッド職務経歴書の書き方を具体的な事例をもってご紹介します。

ルーシッド職務経歴書サービスによる、職務経歴書の書き方ガイド

主婦・主夫の再就職でアピールするべき点とその準備

f:id:nholduse:20190726113357j:plain

Q. 主婦ですが、再就職を考えています

結婚を機に一旦仕事を辞めましたが、もう一度正社員として働こうと思っています。 ブランクがありますが、履歴書や職務経歴書ではどのようにアピールすればいいのでしょうか。

A. 意欲・能力・育児

結婚や出産を機に退職し、子どもの手が離れてから再就職する場合は、かなりのブランクができてしまいます。

いきなりの正社員採用は採用側にとっても不安材料が多いものですが、専業主婦・主夫からフルタイムの正社員へ、がらりと生活が変わってしまうことを考えると、求職者側としてもハードルが高いと言えるでしょう。

出産後、後々もう一度正社員として働きたい、と考えるなら、早いうちからさまざまなことに意識をめぐらせて生活を送るといいでしょう。

PTAの講習会や学校から配布された講座でも意欲的に臨めば自己啓発につながりますし、ちょっとした時間で通信講座を受講したり、カルチャースクールに通うこともできるでしょう。 意外に思われるかもしれませんが、PTA、子ども会、習い事の役員など、子どもに関する保護者の活動も、組織として活動するいい経験となります。

また、短期のアルバイトやパートも、雇われて仕事をする経験はビジネス感覚を取り戻すのに役立ちます。

採用担当者は、採用された応募者がなるべく早く職場になじみ、戦力となってくれることを期待しています。 スキルや知識の穴埋めがなるべく少なくすむ人材を求めるのはもちろんのこと、職場で周りとうまくやっていけるのか、残業や出張などがある場合どの程度動けるのかもチェックしようとするでしょう。

いざ就職活動を開始し、職務経歴書を書く場合は、企業側の不安を払拭し、さらにこちらの熱意を伝えるために以下の三点を中心にアピールしましょう。

主婦・主夫から正社員へ、再就職したい場合のアピールポイント

  1. 正社員として働きたい理由
  2. ブランク中に行っていた勉強、スキルアップ、アルバイト、PTA活動など
  3. 子どもの手が離れている、または育児中でもフォローがあり、正社員でも問題なく勤務できること

正社員として働きたい理由は?

パートやアルバイトではなく正社員での採用を希望していることについて明確に、簡潔に記しましょう。

  • 子育てがひと段落し、以前働いていたこの業界でもう一度働きたかった。
  • 夫・妻がリストラに合い、パートナーとして家計を支えたい。
  • 夫・妻と離婚(または死別)して一人で家計を担うことになった、など

ブランク中に行っていたスキルアップは?

離職中も仕事に対する熱意があった、向学心を持って生活していた、というアピールは大切です。受けた講座や勉強の成果なども細かく記しましょう。

  • 希望職種を意識してスクールに通っていた。以前取得した資格のレベルアップを目指している。
  • 以前と同じ職種でもう一度働きたい場合でも、退職前の知識やスキルは古くなっている可能性があるため再勉強した。
  • パートやアルバイトをして一定時間就労することに体を慣らし、ビジネス感覚を取り戻している。
  • 子供会やPTA活動で役員として働き、書類づくりや組織としての活動を経験している、など。

育児状態について

夫・妻のリストラや離婚、死別によるパートナー不在で急に働くことになった場合は、まだ子供の手が離れていないこともあるでしょう。 育児中の場合は、子どもの急病で仕事を遅刻、早退、欠勤する可能性が心配されます。

実家が近いので子どもを見てもらえる、延長保育が可能な保育園である、病児保育施設が近くにある、など、育児のフォローについてもしっかりと言及しておく必要があります。

職歴の空白期間は、タイプ別の説明でアピールする

f:id:nholduse:20190724235644j:plain

Q. 退職してからブランクがあります

退職してからしばらく経つのですが、職務経歴書には前職を退職するまでのことを書いておけばいいのでしょうか。

A. ブランクの理由を明記し、その解消をアピールする

経歴欄に記載する内容としては、前職を退職するまでになりますが、半年以上のブランクはどうしても目立ちます。

もし、退職後に留学したり、資格取得などのために通学していた期間があれば、それも経歴欄に加えましょう。 希望職種に関連する講習会などへの参加は、自己PR欄で触れるか、複数ある場合は「離職中に参加した勉強会」「休職中に行った自己啓発活動」など別項目を立ててもいいでしょう。 その中で取得した資格などがあれば、それも実績としてアピールできます。

また、自己PR欄を使ってブランクの理由を説明し、今後につなげなければなりません。ケースによってフォローすべきポイントが違うので、注意が必要です。

  • スキルアップのため?
  • 健康上の理由、家庭の事情?
  • 就職が決まらなかった?

スキルアップのため

スキルアップや資格取得のための留学やスクール通学であれば、仕事に対する意欲の表れとして評価されるでしょう。

ただし、そのブランクが自分のレベルアップのために必要な期間であったことを示すために、何を学んだか、何を習得したかをはっきりと記しておかなければなりません

取得した資格、習得した技能、語学などを実績として明記し、希望職種へとつなげる自己PR文でしっかりアピールしましょう。

健康上の理由、家庭の事情

自分の健康上の問題や、親の介護などで一時的に働けなくなり、ブランクが出来てしまうことは仕方がないことです。 この場合、採用担当者が気にする点は、退職せざるを得なかった詳細な経緯よりも、「現在は勤務可能な状態なのか?」ということです。 採用しても、すぐにまた勤務できなくなったと言われては困るからです。

傷病名などまで詳しく説明する必要はありませんが、現在問題なく勤務できるという状態をアピールすることが大切です。

  • 病気の治療に専念するため、一旦退職を余儀なくされたが、現在は全快し問題なく勤務できる。
  • 体調を崩し退職に至ったが、現在は快方に向かい勤務に支障がない。
  • 親の介護が必要になり、退職し実家に戻ることになったが、介護施設に入居が決まり勤務には差し支えながなくなった、など。

また、あまり長く職を離れていた場合は、職務上のスキルや知識が低下していないか、企業側が不安に思うこともあるでしょう。離職中も勉強を続けていたなど、自己啓発を怠らなかったことをアピールしましょう。

就職が決まらない

一生懸命に転職活動をしているのになかなか採用されず、前職を退職後、時間だけが過ぎていく……。あってほしくないことですが、ブランクの理由として最も頭を悩ませる状態でしょう。

しかし残念ながら、就職が決まらないといっても、転職活動に費やしている時間や努力の経過は書類上では読み取ってもらえないのも事実です。 前職を離れてから「何もしていなかった」と思われないためには、スキルアップを怠らなかった、と印象づける必要があります。 だからといって、転職活動期間中にわざわざ高い受講料を払ったり、時間を作って長期間スクールに通う必要はありません。短期のスクールや希望職種に関する講座など、勉強できる機会をアンテナを張って探し、積極的に参加しましょう。

その努力は目に見える形にして職務経歴書に記すことができるでしょう。

転職回数が多い人の職務経歴書には3つの誠実さが必要

f:id:nholduse:20190721221118j:plain

Q. 転職回数が多いです

これまでに5回転職しています。 転職を重ねるごとに、マイナスイメージにつながるのではないかと心配しています。 職務経歴書にはどのように書けばいいでしょうか。

A. 会社の不安を理解する

まず、転職回数が多いということは、企業側に「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」という不安を与えてしまうということを押さえておきましょう。

その上で、どのように書けばその不安をプラスイメージに転換できるかを考えなければなりません。次の3つのポイントに注意しながら作成しましょう。

  1. 隠さない
  2. 前向きな理由
  3. 長く働く意思

職務経歴欄では、転職回数が多いことを不自然に隠さない

経歴が長くなることを心配して、自己判断で省略をしてしまうと、後々経歴詐称になってしまう場合もあります。また、不自然なブランクがあれば、採用担当者は必ず疑問に思うでしょう。隠したりごまかしたりせず、アピールにつなげる工夫をしながらすべてを記載するようにしましょう。

応募企業と関連の深い会社や、アピールしたい職務内容については、詳しく書くといいでしょう。時系列に沿ってただ羅列するだけでは目立たせることが出来ない場合は、職種ごとや、アピールポイントごとにまとめても構いません。しかし、基本的には働いたすべての会社について触れておきましょう。退職理由を書く際は、「~に興味を持ち、より専門的に取り組みたかったため」「~をもっと経験的に学びたかったため」などと、前向きな理由を簡潔に記載しましょう。

勤務していた会社の業績に不安を感じての転職は率直に書いても構いませんが、「仕事が合わなかった」「上司に認めてもらえなかった」といった不満を感じさせる書き方は、これからも思い通りに働けなければ辞めてしまうかもしれないという印象を与えかねないので避けましょう。

自己PR欄では、転職を重ねた理由について、前向きな理由を述べる

同じ職種で転職を繰り返している場合は「キャリアアップを目指して」、違う職種の場合は「いろいろなことにチャレンジをしてみたかった」など、意欲的に転職をしていたというイメージを伝えましょう。ただし、そのイメージの裏付けとして、転職の際にどのようにステップアップしてきたのかを記すことも必要です。

企業側は、転職回数の多い少ないではなく、転職を重ねた中であなたが何をつかみ、もし採用した場合にはそれをどのように生かし、企業に貢献してくれるかというところに興味を持っています。

長く働きたいという気持ちをアピールする

転職経験が多くても、今までの経験があるからこそ現在の応募企業にたどり着いたのだということをアピールしましょう。ぜひ入社したいのだという強い意思と、具体的な志望動機を伝えることが大切です。

これまでの転職での経験を応募企業に生かし、長く働きたいという気持ちを書いて締めくくれば、企業側の不安は取り除けるでしょう。